ホテル

ハウスメーカーの特徴

相模原で注文住宅を建築するならば、ハウスメーカーと工務店の2種類から住宅の建築を選ぶことができます。ごくまれに、設計事務所を経由して建築する人もいますが、設計事務所の場合はどちらかといえばデザイナーズ住宅を建築する場合です。工務店とハウスメーカーのうち、ハウスメーカーの特徴はブランドを所有していることです。その分金額は高くなりますが、ある程度形が決められているため建築が終わるまでの期間は非常に短いのが特徴です。

工務店の特徴は何か

工務店を経由して相模原で注文住宅を建築することも可能です。工務店の特徴を一言で言えば、地元に強いことでしょう。例えば相模原市の工務店ならば、地元のことをよく理解しています。最近の日本では、自然災害が増えていますが相模原市で起きそうな自然災害などを考えて、自然災害に強い住宅の建築をしてくれるでしょう。また、ハウスメーカーのようにブランドなどは持っていませんがその反面顧客の要望を可能な限り聞いてくれるのが特徴といえます。

間取りはある程度自由に

相模原市の注文住宅が人気の理由は、間取りは自由に設計できることです。これは建売住宅と比べるとよくわかりますが、建売住宅の場合はすでに出来上がった住宅を購入するか、ある程度設計図通りに建築されている途中の住宅を購入するかのどちらかです。自分たちのデザインをその建物の中に入れることは難しいでしょう。ですが、注文住宅の場合には、ある程度法律的な縛りはあるものの、その範囲内の中では自由に建築することが可能です。

金額帯も決めることが可能

可能な限り安い金額で相模原市の注文住宅を建築してくれる業者にお願いをすれば、建売住宅並みに安くすることも可能です。最近は、1000万円を切るような住宅を建築するところもあります。ただそのようなところは、オプションになっている部分が多いため額面通りに考えてはいけません。例えば、最近の住宅では 2階建ての場合には1階部分と2階部分の両方にトイレがあります。1000万円未満の住宅の場合には、片方しかトイレがないためもう片方はオプションになります。それ以外にも、シャッターなどもオプションとして扱われることがほとんどです。一方で、坪単価が高い住宅の場合には、オプションで付けなくても様々の設備が付いています。それに加えて、男性ならば書斎を作ることも可能です。一方で女性の場合には、部屋の装飾をするだけでなくキッチンを広くしてより快適な空間で料理を作ることもできるでしょう。

広告募集中